銀座の出会いは実際はどうでしたか?

どこにあるのかということです。

たとえば、銀座の出会いな人物であったとしても、実際はどうでしたか?
後の研究では、偉業が眉毛だったという多くの話があります。
それで、その後の研究は本当なのかしら

銀座の出会いでも、戦国の武将、武将と言われた人物
実際、愚か者、または逆に、愚か者の代表であった人は、
実は彼は将軍でした
銀座の出会い、それは主観的であるため、私は将軍または愚か者であることについては何も言うことができません。

その時、いくらかの力が働いた
真実はねじれている、または曖昧になっている

インターネット社会は非常に浸透しており、誰もが可能な限り多くの情報やデータを入手することができます。
見る時が来ましたが、それでも誰かまたはある機関のために
不便な真実は恣意的に公表されない
もちろん、それはマスメディアや政治活動だと思いますが、

銀座の出会いを私は調査する必要があります


銀座の出会い、ワクチンと治療薬のニコチンの組み合わせに関する研究は
それは世界中で行われています
世界が喫煙者との関係を発表しているにもかかわらず
銀座の出会いだけが発表しない
もちろん、私は調査する必要があります...
それどころか、喫煙はデマに蔓延しており、喫煙は感染しやすいと言っています。

これも不便な真実です

銀座の出会い、タバコについての不便な真実は
ほんの数十年前まで、日本人男性喫煙者の75%が
肺炎や肺がんの脅威にさらされていましたが、
現在25%
それは肺炎と肺がんを減らしましたか?
いいえ、むしろ患者数は増加しています

そのとおり
少し深刻な話

私が最近よく考えるのは、真実は

出会いでは無理やり銀座では見つかると思います

防策が見つかると思います。

3流行語ですが、
もちろん出会いは世界で最も人口密度の高い都市です
東京の密度を10とすると、感染が拡大したストックホルムとメルボルンの両方で、
1以下、0.5または0.7
出会い、日本は世界最大の高齢国です
これで、私はロックダウンせず、無理やり外に出て家に帰ることもありませんでした。
一体何がありますか?
出会いが教えてくれるのかしら

私はこの風邪暴動を軽視していません
特に私のような高齢者は十分に予防されるべきです
私が取っている予防策は喫煙することです
「?」と思う人情報に対して脆弱
実際、喫煙者は非喫煙者よりもはるかに低い感染率を持っています
特にフランスでは、30%の人が喫煙者です。
感染した喫煙者の割合は0.8%と発表されています

1